困ったー [健康ブログ]

健康や運動で困ったことを調べたブログ

【おシリのかゆみ】「リシーナ」「オシリア」「プリザクールジェル」「デリケア」の使用感は?

「肛門まわりのかゆみ、すれ」がありましたので、市販の塗り薬を試してみました。出血であったり、イボのようなものが無い場合のかゆみや痛みです。

痔ならばすぐお医者さんへいくものの、患部がデリケートなだけに薬で対応できればそれが一番。ここでは実際に使ってみた「リシーナ」「プリザクールジェル」「オシリア」「デリケア」などの薬についてまとめてみました。

 

おしりがかゆい場合の対処は?

自分のお尻のかゆかった症例お尻、特に肛門のまわりがかゆくて治らないということがありましたので、いくつか塗り薬を試してみました。

 

まず自分のかゆさの状態について、恥ずかしながら紹介いたします。 

 

胃痛で検査し、ピロリ菌が見つかったためにピロリ菌をなくす薬を服用することにしました。

ピロリ菌は胃癌を引き起こす可能性もあり、抗生物質で一気にやつけようというわけです。

 

...が、当然うちの体内のフローラ環境も見事にこの抗生物質攻撃にやられ?、下痢が長期間続きました

結果、肛門まわりでかゆみや擦れたような痛みが起きるようになりました。

擦れるのが続いて?、おしりのまわりも弱って過敏になりすぎている印象です。

炎症というほうが適切なのかもしれません。

 

ただしイボが出たりや出血というほどではありません。

 

しかし肛門周りの傷みは全般的に「痔」というらしいので、これも「痔」という扱いになるのかもしれません。

 

ただし皮膚科、肛門科には行っていません。

というのも、起床後は痛みやかゆみはありません。しかし昼過ぎぐらいからかゆくなりだすというパターンが多いです。

 

塗り薬を選ぶポイントは?

drug store

本当は病院にいくといいのかもしれませんが、さすがにおしりの件だと恥ずかしさもあります。

できれば塗り薬で治したいものです。

 

ただしかゆみをとめる清涼感の強さには差があるため、まずは清涼感の弱いものから試したほうが良いでしょう。

 

肛門はデリケートなので、あまり刺激が強いとかえって薬のほうが痛いということにもなりかねません。

 

塗り薬をいろいろ試した結果、ずばり「清涼感」でかゆみを緩和してくれるかどうかがポイントとなります。

「清涼感」とは、メンタムなどを塗ったときの「スースー」する感じのことです。

 

「リシーナ」「プリザクールジェル」「デリケア」は「清涼感」があります。

一方「オリシア」はありません。

 

かゆみを緩和してくれるという意味では、清涼感のあるものを選ぶほうがいいように思いました。

 

ただし「デリケア」はデリケートゾーン用となっていて肛門用とはなっていません。「清涼感」の刺激が結構きつかったです。

 

ということでおすすめはずばり「リシーナ」やプリザクールジェルになります。

どちらも清涼感のおかげで痒みが緩和されました。

成分を見ると結構違うので、片方が治療自体に効かない場合にはもう片方を利用するのも手でしょう。

 

また、最初は刺激のない「オシリア」を使ってみて、効果がなければリシーナなどを試すというのもいいかもしれません。

 

以下薬を使った使用感についてレビューしていきます。

なお使用感は個人差があると思いますので、あくまで参考程度にとどめてください。

 

 

おしりの塗り薬

リシーナ

f:id:apicode:20170802170720p:plain

出典:メンソレータム リシーナ軟膏A | ロート製薬: 商品情報サイト

リシーナは、メンソレータムでおなじみロートの塗薬です。

痔やかゆみに対応し、肛門内外で利用できます。

 

衣服につきにくく、またついても落としやすいといった性質があります。

実際利用してみて、スーッとのびるので塗りやすかったです。

しっかり患部につくのにベタつかないから下着にも付着しにくく、もし付着してしまっても、水で落としやすい基剤成分を選んで配合した軟膏タイプです。

出典:メンソレータム リシーナ軟膏A | ロート製薬: 商品情報サイト

 

肛門周りに適宜塗ります(1日3回まで)。

 

なお、リシーナは、指定第2類医薬品です。

「第2類医薬品」は、副作用のリスクが比較的高い医薬品です。

まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含みます。

 

第2類医薬品のうち、特に注意を要する医薬品については指定第2類医薬品と呼ばれます。

特にアレルギー症状の起きやすい人などは必ず相談してからお試しください。

 

リシーナには、以下のような成分が入っています。

  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル 酸化亜鉛 l-メントール:はれ・ただれ等の炎症を抑えます
  • アミノ安息香酸エチル リドカイン:つらい痛みとかゆみをしっかり鎮めます
  • イソプロピルメチルフェノール:殺菌
  • アラントイン:傷ついた組織を修復
  • トコフェロール酢酸エステル:血行を促進し、うっ血を改善します 。

 

使用は簡単で、うにゅーっとクリーム?を出して患部へ塗ります。

 

塗った後は、メンソレータムらしい?クールな刺激をしてくれて痛みを緩和してくれます。

基本成分などではオシリアと重複していますが、スーッとした刺激がある分効果は感じやすいです。

 

さて、使った感じですが、初日はスースーが効いていい感じでした。

翌日は、ちょっと効きが強かったせいか張った感じなのでとりあえず利用をやめてみました。

 

..がそれ以降は、かゆい時にはリシーナをつけると和らげるようになりました。

完治とまではいきませんが、個人的にはだいぶ助かりました。

 

[まとめ]

〇清涼感が患部の緩和によかったです(うちの場合です)。

✖第二類なので、購入時には確認が必要です。

✖最近おいてないドラグストアが増えました。

 

現在15g入りが販売されています。

価格は、アマゾンの取り扱い(配送無料)の場合、大体1000円ちょいぐらいです。

 

プリザクールジェル 

f:id:apicode:20170807154241p:plain

出典:プリザクールジェル| 製品詳細 | 大正製薬製品カタログ

大正製薬から出ている痔のお薬「ブリザクール」。

座薬などもあります。

最近これに「ジェル」タイプがあり、肛門まわりに塗布できることを知り購入してみました。

「ジェル」という名の通り水性ジェルタイプ。透明で、塗布すると患部にスーッと伸びていきます。

 

成分は

  • クロルフェニラミンマレイン酸塩 
  • l-メントール
  • 塩酸リドカイン
  • 塩酸テトラヒドロゾリン
  • ベンザルコニウム塩化物

 

1日1~3回、肛門部に塗布するよう指示されています。

実際塗布してみふと、こちらも「リシーナ」同様にスースーする感じでかゆみの緩和には役立つ印象です。

 

ただし「ブリザクール」自体はよくおいている店が多いのですが、この「ジェル」タイプは案外おいていなかったです。そのために利用してみたのはほかの薬よりも遅かったです。

 

[まとめ]

〇清涼感が患部の緩和によかったです(うちの場合です)。

✖「ジェル」がおいていない店もありました。

✖第二類なので購入時確認が必要です。

アマゾンだと600円台で販売されていました。

 

 

 

オシリア

f:id:apicode:20170802171221p:plain

出典:ぶり返す肛門のかゆみ・痛みに|オシリア|小林製薬

 

オシリアはユニークな商品名でおなじみ小林製薬の商品です。

指定第2類医薬品です。

特にアレルギー症状の起きやすい人などは必ず相談してからお試しください。

 

成分は、

  • ヒドロコルチゾン酢酸エステル:炎症止め
  • ジフェンヒドラミン塩酸塩:かゆみ止め
  • リドカイン:痛み・かゆみを緩和
  • イソプロピルメチルフェノール:殺菌
  • トコフェロール酢酸エステル:新陳代謝を高め改善します

 などが配合されています。

 

利用方法は、うにゅーっとクリーム?を出して患部へ塗ります。

ほかの軟膏のような刺激はありませんでした。

1チューブ使い切るまで試しました。

 

残念ながら効果のほどはよくわかりませんでした。

症状を抑えてくれている気はしますが、完治するほどではありませんでした。

 

ネットを見てみると、こちらが効いたというケースもあるようなのでケースバイケースかもしれません。

症状によって合う人、合わない場合があるので、薬剤師さんなどに相談してみてください。

 

 

[まとめ]

〇たいていのドラグストアにおいてました

✖清涼感などがなく、患部の改善感もわかりませんでした(うちの場合)

✖第二類なので購入時確認が必要です。

 

アマゾンだと10gで800円ぐらいです。

 

 

デリケアM's(エムズ)

【第3類医薬品】デリケアM's(エムズ) 35g

リシーナとオシリアでは、リシーナの方が清涼感があるので好きでした。

ところがリシーナをおいてるドラグストアが減ってきているので、今回は代わりにデリケアを選んでみました。

 

「デリケア」は、陰部周辺部、脇、首などのデリケートゾーンのかゆみに対処するための塗り薬です。

muhiでおなじみ池田模範堂から出ています。

 

お尻まわりとは特に明記されていません。

リシーナ、オシリアは第二類ですが、こちらは第3類なので買いやすいかもしれません。

 

オシリアの成分は以下のようなものです。

上記の薬でも入っている成分がこちらにも入っていたりします。

  • ジフェンヒドラミン塩酸塩:かゆみ止め
  • グリチルレチン酸:炎症止め
  • イソプロピルメチルフェノール:殺菌
  • l‐メントール:清涼感
  • トコフェロール酢酸エステル:血行促進

 

 

リシーナやオシリアにくらべて、水分(もしくは油分)が多いためか、こちらのほうがニュルっとよく延びます。

 

スースー感は、リシーナよりもこちらのほうが強い感じです。

パッケージをみてみたら「muhi」のマークが。

このスースー感(清涼感)はある意味納得です。

 

ただし効きが強い反面、肛門回りは肌としては非常に弱いエリアだと思いますので、ひとによってはきつく感じるかもしれません。

 

デリケートゾーンとはうたってますが、肛門付近まで含まれるのかは正直わかりません。

購入時にドラグストアの方に相談してみるとよいでしょう。

 

[まとめ]

〇第3類なので購入しやすいです

〇ドラグストアでよくおいてます

〇清涼感が強く、かゆみの緩和にもいいです(うちの場合)

✖清涼感が強いため、肛門付近での利用には強すぎるかもしれません。

 

アマゾンでは35gで1400円程度です。 

 

 

お尻がかゆい場合の注意点

うちの症例では、お通じやお尻を拭くタイミングなどでもかゆみや痛みが悪化しました。同様の方は以下の点に注意しましょう。

 

ウォシュレットは使わない

うちではお尻を紙でぬぐうと、そこからかゆみ・痛みが強くなる場合がよくあります。

ウォシュレットにすれば水で洗うだけなので、普段は使っていませんがこのときはいいかなと思って多用しました。

 

しかし....

 

結果から言うと、かえって症状は悪化です。

ネットで調べた結果などからいえば、ウォシュレットのしすぎもお尻周りの粘膜を弱めてしまうのでよくないと説明しているサイトもあります。

 

本来、健康な皮膚には、外から異物が進入するのを防ぎ、体の水分が蒸散するのを防ぐ「バリア機能」がありますが、かゆみを対処するために石鹸やお湯で洗いすぎると、その「バリア機能」が破壊されてしまいます。

出典:かゆみの原因は?|肛門のかゆみ・痛みにオシリア|小林製薬

 

ウォシュレットの使用、あるいは多用は避けたほうがいいように思います。

 

 

洗いすぎない

お尻をきれいにしておきたいのもわかりますが、過度にすると悪化の原因になりかねません。

 

みなさん肛門がかゆいと不潔が原因ではないかと風呂場で一生懸命に肛門をこする人がいますが、これは返って逆効果です。

 

皮膚炎は擦る事によってより一層悪化する為に決して擦ってはいけませんし、石鹸も使わない方が望ましいくらいです。

 

(本当に不潔な場合は除きますが、使用するならば刺激の少ない中性石鹸がよろしいです)

出典:http://www.terada-hp.org/intestine_center/top/consult/number_08.html

 

清潔を保つためにゴシゴシ...といのは避けておいたほうがよいでしょう。

 

 

お尻の毛を脱毛する

お尻の毛を脱毛すると、毛の汚れを気にせずになります。

最近では自分でやるワックスなどもあります。 が、自分でやるのは大変ですから脱毛サロンなどで試してみるほうがよいでしょう。

 

 

脱肛の場合の対応

もしも脱肛症状がある場合には、脱肛自体の対応を行うほうがいいかもしれません。

うちでも脱肛とかが起きていてい影響しているのかなぁとちょっと触ってみたりしましたが、素人だと出ているかどうかは判断がよくできませんでした。

 

脱肛であることが分かっているけれどもできれば自分で治したい..という場合には、脱肛をおさえる防止器具が販売されていました。

1月分で1万円弱とちょっと高めですが、1日1つ取り替えながらの利用となります。 

 

紹介ページはこちら。

 

 

トイレの回数を減らす

肛門まわりのかゆみでは、便通を正常化させておくことも重要だと思います。

力んだり、カミで拭いたりするタイミングで、かゆみが悪化することがあるからです。

実際これには苦労しました。といって便通の回数を抑えろ...といっても自然に便意はもようするのでなかなか大変です。

 

ただしあきらかに下痢になると、何度もトイレにいくことになります。

下痢などにならないように体調を整え、トイレの回数を増やさないようにするのも大事だと思います。 

 

整腸には、野菜を取って野菜繊維分を増やすなどのことが大事です。

効果が意外に早いのは「乳酸菌」です。

この「乳酸菌」人によって効果ある内がはっきり出ますので、自分に合うものを探す必要があります。

 

うちはヤクルトがよく効きました。一方、乳酸菌のお薬で有名なビオフェルミンは効きませんでした。

もっとも、人によって腸の環境が異なるため、自分に合ったものを見つける必要があるでしょう。

試したものはこちらです。 

40kenkou.hatenadiary.jp

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。