読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

困ったー [健康編]

健康で困ったことを調べたブログ

【お薬】クラシエ 八味地黄丸の評判は?ツムラは?ハルンケアは?

おすすめのお薬

八味地黄丸は、頻尿対策の漢方薬として有名です。ここでは八味地黄丸が頻尿に効くのかどうか、その使用感などをまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

 

八味地黄丸とは?

f:id:apicode:20160328145523j:plain

頻尿とは?

テレビでも健康番組でよく頻尿を取り上げています。

やはり夜間頻尿で苦しんでいる人が結構多いのだなと思います。

 

年齢的にいろんな機能は衰えてきます。

しかし、夜間での頻尿があまり多いと、睡眠障害になり疲れがとれなくなるなどの問題も出てきます。

 

原因が様々なので、対策もそれによって異なります。

 

血流のむくみなどの場合、風呂の時間を工夫したりして解消するケースがあるようです。

排泄の筋が弱まっているケースでは、筋トレが有効。

特に女性の場合、男性よりも尿道の長さが違うなどの問題もあります。

おしっこまわりの筋を強化すると、改善する場合もあります。

 

八味地黄丸とは?

頻尿は漢方薬で改善するケースもあります。

その代表格は「八味地黄丸」(はちみじおうがん)です。

 

八味地黄丸とは 八味地黄丸は、頻尿などに効く漢方薬として有名です。

腎機能の衰えにも効果があるようです。

数社から出ていますが、クラシエさんのを選んでみました。

 

八味地黄丸の買い方は?

八味地黄丸は、普通に薬局・ドラグストアで販売されているので購入可能です。

胃腸の弱い方には問題があるかもしれませんので、店員さんに相談してみるとよいでしょう。

 

八味地黄丸は頻尿コーナー?におかれる薬ですので、買うのはちょっと恥ずかしいかもしれません。

しかし、ネット通販で買うことができます。

もちろん、アマゾンや楽天で購入可能です。

しかも、ネット通販のほうが薬局さんよりも安い値段です。

まとめ買いなどはどうしてもネット通販のほうが便利です。

アマゾンだと360錠で2500円ぐらいです。

 

お試しであれば60錠のものを最初買ってみるとよいでしょう。

 

ショップによっては取り寄せてから発送となるので、手元に届くのが遅れる場合があります。

もし八味地黄丸を毎日飲んでいて「きらしくたくない!」という場合には、あらかじめ余裕をもって注文しておくとよいでしょう。

 

漢方薬と通常の頻尿薬 どちらが効く?

八味地黄丸の成分は、 地黄(ジオウ)6.0g、山茱萸(サンシュユ)3.0g、山薬(サンヤク)3.0g、沢瀉(タクシャ)3.0g、茯苓(ブクリョウ)3.0g、牡丹皮(ボタンピ)2.5g、桂皮(ケイヒ)1.0g、附子末(ブシ末)0.5g (ウィキペディアより)

 

成分をみても、漢方薬通ではないとあまりピンと来ないかもしれません。

しかし成分を書いたのには理由があります。

というのも、他の頻尿用薬も同じ成分のものが多いのです。

 

小林製薬のボーコレン

こちらにもブクリョウやジオウ、シャクヤクなどが入っています。

 

下記に取り上げるハルンケアにも八味地黄丸の成分が入っています。

 

もちろん配合量なども違いますから、効果が一緒とは厳密には言えないでしょう。

 

ただし漢方薬を飲んだことがなく、漢方薬がいいか、普通一般の薬がいいかわからない!....と迷われている場合には、同じ成分が入っていることを知っておくといいかもしれません。

 

八味地黄丸が効果が出るまで何日ぐらい?

おそらく原因や年齢、性別などで違ってくると思われます。

 

試した結果では、1日4錠を食間3回服用します。

最初の2,3日は変化なし。 3,4日目あたりから効果が実感されました。

 

頻尿がなくなるというではありませんでしたが、回数などが緩和され、ずいぶん楽になった印象です。

 

八味地黄丸をやめるタイミングは?

漢方といえど、服用しすぎは体に負担がかかるケースがあるそうです。

そこで、ある程度毎日飲んで落ち着いてき1月ぐらいたちました。

そこで、一度服用をやめてみました。 結果は、... また頻尿がちょっときつくなりました。

個人差はありそうですが、ある程度長く服用したほうがいいかもしれません。

 

夏で暖かくなってきた頃には服用をやめてもよくなりました。

(夜間のおしっこがなくなったわけではありませんが、回数などは緩和されたままという状態です)

 

おすすめの利用方法 とりあえず効き目を確認するため、最初は1週間くらいは続けて飲んだほうがよさそうです。

 

クラシエの60錠のものを買うと、1日12錠ですから5日分となります。

 

試してみて、効果がありそうならば継続、そうでなければ他を試すというのがよいでしょう。

 

上にも書きましたが、「胃腸が弱い」、「漢方は初めてで不安」などの場合はドラグストアで相談してみてから購入しましょう。

 

効果がありそうだったら、錠数の多いものを買っておくと、1日あたりの出費額も減ります。ネットを利用したりして安いのを見つけてみましょう。

【第2類医薬品】クラシエ八味地黄丸A 360錠

【第2類医薬品】クラシエ八味地黄丸A 360錠

 

 

 

クラシエとツムラ、どちらが効く?

漢方薬といえばクラシエやツムラはどちらもラインアップの豊富なメイカーさんです。

どちらも八味地黄丸をリリースしています。

クラシエさんのは錠剤タイプでしたが、試したツムラさんのは粉末タイプでした。

果たしてどちらが効くのでしょうか。

メリットは?

漢方ではおなじみのメイカーなので安心感があります。

デメリットは?

粉末なので、人によっては飲みにくいかもしれません。

そんなに苦いというわけではありませんが、おいしくはありません。

試した感想は?

結果から言うと、個人的にはクラシエさんのほうが効果あるように思いました。

ただし同じ成分であっても調合の仕方が異なると思います。

八味地黄丸はおなかの弱い人には向いていないため、人によってはツムラさんのほうが合う場合もあるでしょう。

おすすめは、やはり飲み比べて自分で効果を試すのがよいでしょう。

ツムラさんのは1日2回x1包。以下のものですと12日分になります。

アマゾンで約4000円前後です。

【第2類医薬品】ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒 64包

【第2類医薬品】ツムラ漢方八味地黄丸料エキス顆粒 64包

 

 

ハルンケアは効く?

f:id:apicode:20160328144014j:plain

CMでおなじみのハルンケアは大鵬薬品工業から出ている頻尿用の内服液です。

八味地黄丸とはうたっていませんが、八味地黄丸の成分が入っています。

  • ジオウ5g、
  • プクリョウ3g、
  • ケイヒ1g、
  • タクシャ3g、
  • サンシュユ3g、
  • 炮附子1g、
  • ボタンピ3g、
  • サンヤク3g 

から抽出・濃縮し、さらにエタノールを加え、澱粉等を分離除去。

その後、エタノールを蒸発除去してつくられたエキスを含有しています。

 

食間で1日2回服用します。(1回30mL)

ただしこちらも胃腸の弱い方はおすすめされておらず、薬屋さんなどに相談してみましょう。

 

メリットは?

服用液タイプなので、人によっては飲みやすいかもしれません。

デメリットは?

瓶入りなので購入時にかさばります。

説明書によれば14日間程度服用して効果がなければやめてください、とあります。

10本入りで3200円ですから、1日2回なら1日当たり640円。

14日続けるとなると8960円となり価格としては割高になります。

試した感想は?

飲んでみましたが、苦み?はあって個人的には飲むのが大変でした。

味はツムラの八味地黄丸の粉末を溶かしたような感じ....でしょうか。成分は近いので似て当然といえば当然かもしれません。決しておいしくはありません。

 

というわけで、継続利用はしていません(汗)。

効き目についてはある程度継続しないと効果がわからなと思うので、なんともいえません。

【指定第2類医薬品】ハルンケア内服液 30mL×10

【指定第2類医薬品】ハルンケア内服液 30mL×10

 

 

結局おすすめはどれ?

おそらく同じ成分であっても、配合等で効果が変わってくると思うので一概にはなんともいえません。

 

ただし、価格でいえば、

クラシエ八味地黄丸 360錠入りを使えば1日当たり100円弱。

ツムラ八味地黄丸 64包で1日当たり333円程度。

ハルンケア、10本入り1日当たり640円程度

 

ある程度継続して効果が出るか確認するという意味では、クラシエ八味地黄丸がリーズナブルです。

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。