困ったー [日常編]

日常で困ったことを調べたブログ

【アマゾン】アパレルのプライベートブランド 種類は?評判は?

スポンサーリンク

洋服の購入もどんどんオンラインへの移行が進んでおり、試着が売りの小売店でも苦戦するところが増えてきました。一方でますます存在感を増しているのがアマゾン。自社プライベートブランドでさらなる拡充を狙っているようです。

ここではアマゾンのアパレル分野でのプライベートブランド(PB)の種類や評判などについてまとめていきます。

 

アマゾンのプライベートブランドは?

普通お店はメーカーから商品を仕入れます。

お店の方が客のニーズがダイレクトに分かります。自社で商品を企画して自社オリジナルブランドとして販売したほうが効率がいい場合もあります。また自社商品であるため、利益率もアップします。

 

日本でも、電池などはアマゾン印のものがアマゾンで売られています。安いうえに、アマゾンの電池充電器とのセット販売などもあり、どうしても買わされてしまいますw。

https://www.instagram.com/p/BImF-jvh6SD/

#amazon #amazonbasics #battery

 

さて、現在アマゾン米国では、自社のアパレルブランドに尽力しているようです。

質はそこそこで低価格のものなどが出ています。

 

ただしブランド名では、あえてアマゾン色は出しておりません。ブランドのラインごとにそれっぽいネーミングにしているようです。

果たしてどんなものが現在あるのでしょうか。

 

メンズPB

フランクリン’&フリーマン

Franklin & Freeman Butler メンズ 米国 7.5 グレー オックスフォード [並行輸入品]

メンズシューズで、デザインは非常に定番ものばかりです。

価格もリーズナブルです。

 

いくつか評価をチェックしてみると、「見た目がいい」「非常にフィットする」などと好意的なものが目立ちます。 

このぐらいのデザインで、この価格ならかなりよさそうですね。日本へも早く上陸してほしいものです。

 

レディーズPB

ジェームズ&エリン(James & Erin)

f:id:apicode:20170213224506p:plain

一見するとシンプルですが、かといってダサくなく、かわいらしさもしっかり持っているファストファッションといった感じです。

価格帯は50ドル前後。日本円で5000円前後といったところ。

 

評価を見てみると「素材がちゃんとしている」「着やすい」などの意見が目立ちます。

超いい...とまではいかなくても、コスパ的には納得いくのではないでしょうか。

 

 

ラーク&ロー(Lark & Ro)

f:id:apicode:20170213224851p:plain

トップス、セーター、スカートといった女性服を取り扱うブランドです。

ファストファッションのフォレバー21などにくらべるとこちらのほうがベーシック。どちらかというとユニクロのほうに近い感じではないでしょうか。

 

 

ソサイエティニューヨーク(Society New York)

f:id:apicode:20170213225722p:plain

ややフォーマルよりなブランドがソサイエティニューヨーク。

価格では30-40ドル台(3000-4000円)なども多く、やはり買いやすい印象です。

 

コメントや評価の付き方などを見てみると、アマゾンの他のPBほどには人気がないような感じです。

ただし「質の良さ」を評価する声が目立ちます。 

 

 

アイリス&リリー(Iris & Lilly)

f:id:apicode:20170213230528p:plain

アマゾンUK(イギリス)で販売されている女性向け下着です。

ブラやショーツなど。ブラで7ポンドですから、1000円ぐらいでしょうか。

「よくフィットする」という声や、「シームレス(縫い目なし)」を評価する声など。

 

 

キッズPB

スカウント+ロー(Scout + Ro) 

f:id:apicode:20170213225149p:plain

キッズ服のブランドです。

なんといっても10ドル前後(1000円前後)ぐらいのラインアップが目立ちます。

 

低価格ですが、「縮んだり色落ちしたりしない」とクォリティを評価する声もあります。

 

結局は「買い」?

さすがにアマゾンらしく?リーズナブルながら質についてはきっちりしているようで、質を評価する声が目立ちました。

 

日本への本格的上陸はこれからになるでしょう。

うちでは、昔はユニクロでまとめ買い、今はH&Mでネット買いが多いです。果たして今後はアマゾンで洋服まとめ買いというふうになるのかも気になるところ。

 

ビジネスとして考えれば、ユニクロや低価格レディース(ハニーズとか?)あたりへの業績などにも影響してくるかもしれません。

とにかくアマゾンからは目が離せません。

参考:

Amazon owns 7 private label fashion brands - Business Insider

Amazonが1000円のブラジャーを販売開始か | BUSINESS INSIDER JAPAN

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。