困ったー [健康ブログ]

健康や運動で困ったことを調べたブログ

男の白髪染め いつから?頻度は?

白髪を染める男性も増えてきました。ここではアラフォーやアラフィフの方のために、自分で実際に白髪染めをしてみたうえでのレビューをまとめてみました。

白髪染めにも強さや種類、色などがいろいろありますので自分にあったものを見つけることが大事です。

 

男の白髪染め、いつから始める?

白髪染めですが、白髪が似合う人、年相応な人などはあえて染めなくてもいいと思います。

というのも髪染めは自分でやると手間ですし、美容院でやると結構値段も時間もかかります。

 

端的に言って白髪のせいで「年齢より老けて見える」という場合はそろそろ考え時といえるでしょう。

 

自分で白髪染め商品を選ぶ場合、大事なのは種類とカラーバリエーションです。

ドラグストアで通常販売されているものは1000円前後ですので価格的にはそんなに気にしなくてよいでしょう。

 

男の白髪染め、選ぶポイントは? 

塗る手間を選ぶ

スティックタイプのもの、シャンプータイプのもの、泡タイプのものなどがあります。

手間が楽ちんなのはスティック型の部分塗タイプです。

 

 

カラーバリエーション

いい商品でもカラーバリエーションがないと、自分のもともとの髪色にマッチしなくなります。

あまり違う色のものを使ってしまうと、髪の見た目にも違和感が出てしまい、がっかりなことになりかねません。

黒、ブラウン、ダークブラウン、ナチュラルグレイ、など自分に見合った色があるものを選びましょう。

 

 

男の白髪染め、種類は?

染めたい髪の量や染める力によって種類がかわってきます。

 

特手の白髪だけ染める

白髪がごく一部、あるいは部分部分で目立つという程度であれば部分染めで十分でしょう。

筆ペン?のような感じで白髪の部分にピンポイントで濡れるタイプのものがあるので、それで白髪を隠すという程度でいいのではないかと思います。

「サロンドプロ 白髪隠し」などがこれに該当します。

 

こちらは気になったとき適宜利用すればOKです。

レビューはこちら。 

40kenkou.hatenadiary.jp

 

 

リンス型で徐々に染める

いきなり本格的な染めるものを使うのはビビります。

しかし、髪を染めるシャンプー型、リンス型の商品を選ぶと、初心者のかたでも染めるのに挑戦しやすいと思います。

 

特に「白髪が全般的にあるものの、基本的にはまだ黒髪がしっかり残っている」...という場合は、徐々に染めていくような弱いタイプのものがおすすめです。

シャンプー型やリンス型は、どちらかというと何度か使って徐々に染めていく感じですので、ちょうどいい商品といえるでしょう。

 

うちでは、お風呂場で簡単に使える「メンズビゲン カラーリンス」を利用していました。 

頻度は1週間に一度といったところです。

レビューはこちら。 

40kenkou.hatenadiary.jp

 

 

本格的に染める

「髪がほとんど白髪」という場合には、染める力が十分あるタイプで定期的にしっかり染めていく必要があります。 

 

泡をブラシに乗せて髪をすくタイプのものや、手袋をして泡を指で髪になじませるようなものがあります。

 

うちでは「サロンドプロ ヘアカラーEX」を利用して染めています。頻度は2週間に1度といった感じです。

 

レビューはこちら。 

40kenkou.hatenadiary.jp

このブログは、ネットや書籍上の情報、個人の体験や感想を中心にまとめたものです。 正確性を期していはいますが、間違い・誤訳等あるかもしれません。 また、当サイトの情報によって生じたいかなる損失について一切の責任を負いません。 あらかじめご了承ください。